トップ / 紫外線防止で妊娠中シミ対策

紫外線防止でシミ対策

紫外線防止で妊娠中シミ対策

妊娠中のシミには紫外線ブロック

通常見られるシミは、はっきりしたものができることが多いのですが、妊娠性肝斑の場合は左右対称で、広い範囲にぼんやりと見られるのが特徴です。妊娠中もシミ対策をはじめスキンケアは必要なのですが、体調がすぐれないことなどもあってか、つい手を抜いてしまう方もいらっしゃるようです。もちろん、体調が良くない時に無理をする必要はないのですが、できる限り紫外線対策を行った方が後々シミなどに悩まされることが少なくなるかと思います。

外出する時は、帽子をかぶったりサングラスや日傘などを利用したりして紫外線をブロックしましょう。また、天候に関係なく日焼け止めを塗ってから出かけるようにすることも必要です。頬の部分にシミができやすいので、日焼け止めクリームなどは、頬に多めにするようにするのがコツです。

紫外線は、夏の暑さが厳しくなる期間だけでなく、一年を通して降り注いでいます。もちろん、曇りの日や雨の日も晴れた日よりは量が減るものの、紫外線の影響はありますから注意しなければなりません。

妊娠中にしっかりと紫外線対策をしていれば、妊娠性肝斑も悪化させずに済みます。出産してからも、シミがなかなか消えてくれないですとか、シミが濃くなってしまったなどと焦るリスクも減らすことができます。また、スキンケア化粧品も吟味して良いものを使うようにすると更に良いと思います。

但し、妊娠中は肌が敏感になる方もいらっしゃいますし、お腹の中の赤ちゃんへの影響も気になります。スキンケア化粧品をはじめ妊娠中に使うものは、こういった心配がないものを注意して選び使うようにしたいものです。妊娠していない時であれば心配ないような成分であっても、妊娠中は控えた方が良いような成分も中にはあります。

Copyright © 妊娠中にシミができる理由. All rights reserved.