トップ

紫外線防止でシミ対策

妊娠中にシミができる理由

妊娠してシミが増えた

妊娠中は色々な体の変化がありますが、シミが多くなったと感じている女性も少なくありません。理由は、妊娠するとホルモンバランスが変化するからです。シミは、表皮にあるメラノサイトが刺激を受けることにより「メラニン」が作られることでできます。メラノサイトは色々なものによって刺激を受けるのですが、その中には紫外線なども含まれています。

妊娠中は、女性ホルモンがいつも以上にたくさん分泌されます。そうすると、メラノサイトはより活発化します。その為、メラニンもたくさん作られることになり、結果シミができやすくなるのです。シミが増えたり、シミが以前よりも濃くなったりする方が少なくありません。シミ治療をお考えなら、色々な方法があります。自分に合った方法を探してみると良いでしょう。妊娠中は、顔だけでなくおなかなどにもシミが見られることがあります。

このように、妊娠中にホルモンの変化によって作られるシミを「妊娠性肝斑」と呼びます。妊娠性肝斑は、通常出産後3か月程度すると自然と薄くなって行きます。また、一般的にできるシミと比較すると、消えやすい傾向にあります。

このように聞くと安心する方もいるかもしれませんが、油断はできません。妊娠中も十分な紫外線ケアをしていなければ、出産後もシミが消えてくれなかったり、シミが濃くなってしまったりする場合もありますからやはり注意が必要です。季節を問わず、しっかりと紫外線をガードしなければならないのは、一般的なシミ対策も妊娠性肝斑ケアの場合も同じなのです。

また、睡眠不足がシミの原因にもなると言われますが、妊娠中も同じことが言えます。睡眠不足は、肌のターンオーバーがスムーズに行かなくなる原因。シミが作られやすくなったり、肌荒れしやすくなったりします。十分睡眠を摂って規則正しい生活を送ることが、妊娠中も大切です。

Copyright © 妊娠中にシミができる理由. All rights reserved.